クマの消し方を調べてみました 老け顔・疲れ顔の悩みを解消

目の下のクマが目立って困る!!

数年前から目の下のクマが目立つようになって困っていました。
いつも寝不足か疲れているように見られてしまうし、実際の年齢よりも上に見られることも多いのです。

 

実際には毎日6〜7時間ほど睡眠はとっていますし、まったく疲れがないとはいえませんがクマができるほどではないと思うのです。
クマを隠そうとするとお化粧が厚くなりがちで、このことも悩みの種となっていました。

 

何かいいクマの消し方はないかと考えた私は、目の下のクマのことをいろいろと調べてみることにしました。

目の下のクマの種類と消し方

一口に目の下のクマといいますが原因によって3種類に分けられるそうです。

 

青クマの原因と消し方

生活習慣の乱れ・睡眠不足・疲労・ストレス・体調不良などにより目の周りの毛細血管が血行不良を起こし、もともと薄い目の周りの皮膚が加齢によってさらに薄くなってしまっていたりする場合に、皮膚の下の血液が透けて見えてしまうことが「青クマ」と呼ばれています。

 

青クマの消し方は、原因となっている生活習慣の乱れ・睡眠不足・疲労・ストレス・体調不良などを解消することはもちろんですが、蒸しタオルをまぶたの上にのせて5分ほど温めるのも効果があるようです。
さらに蒸しタオルと冷やしたタオルを30秒ごとに交互にまぶたの上に乗せると効果が高まるそうです。

 

 

黒クマの原因と消し方

加齢によって目の周りの筋肉や皮膚が衰え、下まぶたの皮膚がくぼんだりたるんで前に出てきたりしてしまい、その皮膚の状態によって目の下に影ができることが「黒クマ」呼ばれています。

 

黒クマの消し方はたるみの改善のためにコラーゲンを摂り入れるようにしたり、目の周りの表情筋を鍛えるために目元のマッサージを行うとよいようです。
どのようなマッサージかというと、「薄目を開けた状態を10秒程度続ける」、「両手の指で目尻を斜め上に持ち上げ、いわゆるキツネ目の状態で目を閉じることを10秒間続ける」「まぶたを大きく開いたり閉じたりする」といったものがあるようです。

 

茶クマの原因と消し方

目の付近をこする癖があるとか、メイクを落とすときに強くこすりすぎているといったことにより、目の下などに色素沈着が起こってしまった状態が「茶クマ」と呼ばれています。

 

茶クマの消し方は今以上の色素沈着を防ぐためにこすらなくてもメイクを落とせるアイメイク用のクレンジングを使うようにするUVケアに力を入れるシミ対策が可能な美白化粧品を使うなどのやり方があるようです。

目の下のクマ対策クリーム

症状から考えると私の場合は黒クマにあたるようでした。
そこで目元のマッサージを行ったり、皮膚のコラーゲンを補う化粧品を使ったりしたのですが、なかなか目の下のクマは解消しませんでした。

 

そんな時、ネットでアイキララという商品を見つけました。
「目元の悩み」つまり「目のクマ」対策に用途をしぼったクリームのようでした。

 

MGAというビタミン誘導体の一種である成分がコラーゲンの働きをサポートして、加齢によって衰えた下まぶたの皮膚の弾力とハリを取り戻すのだそうです。

そのうえ、コラーゲンが保持している栄養素を皮膚の内部から外に出さないようにするため、充分な栄養や水分が保たれた皮膚は弾力やハリを維持し続けることができるのだそうです。

 

また、成分に着色料、保存料、防腐剤などはまったく含まれていないので、敏感肌の方でも不安を感じることなく使用できるそうです。

 

現在、かなりの人気商品となっていて、さらにユーザーの80%以上がアンケートで「使って満足した」と回答しているのだとか。

アイキララの値段・全額返金保証

なかなかいいなと思って、ドラッグストアやスーパーで探してみたのですが、どこのお店にも置いていません。
よく調べてみると、現在アイキララを買うことができるのはネット通販、しかも公式サイトだけだったのです。

 

さらに、人気商品であるためでしょうが、1日300本の限定販売となっており、しかも定期コース優先で発送されているとのことでした。

 

値段は以下のようになっています。

  • 単品購入2,980円(税別)
  • いつでもやめられる「お試し定期コース」2,682円(税別)
  • 3ヵ月ごとに届く「基本コース」7,599円(税別)/1本あたり2,533円(税別)
  • 3ヵ月ごとに4回に分けて届く年間購入コース(4分割払い)合計28,608円(税別)/1本あたり2,384円(税別)

 

私が魅力を感じたのは、最低15日以上使ってみて満足できなければ商品代金を全額返金するというサービスがあるところでした。
これなら、使ってみて効果がなくてもお金を無駄にすることがないですからね。

アイキララを買ってみた

結局、この全額返金保証に惹かれて単品で購入してみました。
使い始めてまだそれほど日が経っていないので、まだ目に見えるような効果は感じられないのですが、心なしか目の下のクマが薄くなってきたように感じています。

 

1本使いきるまで試してみて、はっきりとした効果が感じられたら続けて購入しようと思っています。

 

 

↓↓手軽なクマの消し方はこちら↓↓

クマの消し方で即効性のあるものは?

血の巡りがよくないことが原因となって発生する青クマ。
ということは即効性のある青クマの消し方としては血の巡りが改善すればいいということになります。

 

睡眠時間が足りないことによる血行の悪化や、目の疲れによってできてしまったクマの消し方の中で特に即効性があるとされるのは蒸しタオルで目の周りを温めることです。

 

この青クマに即効性があるクマの消し方とされる蒸しタオルを利用したやり方は、濡らしたタオルを電子レンジなどで温めて目の上に乗せリラックスしていればいいという簡単なものです。
目元を適度に温めれば固まっていた目の周りの筋肉も緩み血行も改善されます。

 

このやり方は即効性のあるクマの消し方としてとても手軽で簡単なのですが、蒸しタオルの温度にだけは注意しておく必要があります。
蒸しタオルの温度を高くし過ぎると目の周りをやけどしてしまう恐れがありますし、高温のタオルを肌に直接あてることが刺激となって筋肉が固まってしまい血行が悪化してしまうことにもなりかねません。

 

蒸しタオルは気持ちよくリラックスできる程度の温度になるように気をつけたいですね。

 

即効性のあるクマの消し方として蒸しタオルを使うやり方をご紹介しました。

 

クマの消し方としてだけではなく、蒸しタオルで目元を温めることは目の疲れの対策としても利用できます。
就寝前に行うとぐっすりと眠ることができますし、目の疲れに悩まされている方は習慣的に行うことで目の状態を回復させることができるようになりますよ。

クマ消しに効果のある化粧品

目立って困る目の下のクマを手間をかけずに消したいなら、化粧品に頼ることになるでしょう。
特に時間のない朝には、クマ消しに効果のある化粧品が役立つはずです。

 

クマ消しに使える化粧品としてまず思い浮かぶのはコンシーラーでしょう。
時間をかけることなくシミやくすみなども隠せるので、とても便利です。
一口にコンシーラーといってもクリームタイプ・リキッドタイプ・ペンシルタイプなどの種類があり、目的にあったものを選んで使うとよいでしょう。

 

クマ消し用途の場合は、クリームタイプやリキッドタイプが便利です。
特に柔らかく簡単に塗り広げることができるクリームタイプは、クマができてしまった下まぶたが荒れてしまうようなことなく使いやすいです。
実際に肌に塗るときは、指の腹を使って軽くたたくようするとうまくなじみます。

 

全般的にオイルを多く含むコンシーラーは、まず始めに少しだけで試してみてから使うようにしましょう。

 

いつもパウダータイプのファンデを利用しているなら、コンシーラの後でファンデを使うようにし、リキッドタイプのファンデならファンデの後でコンシーラーを使うようにするとクマ消しがうまくいくでしょう。
自然な感じに仕上げるなら、おしまいに軽くパウダーを使うといいでしょう。

 

クマ消しのためだけではなく、日常的なケアとしてターンオーバーを推し進める化粧水や美容液といった化粧品を利用してみてはいかがでしょう。
またクマができる目の周辺部は特に皮膚が薄く水分を失いがちですから、こまめに保湿をすることが大切です。

 

 

そして、クマ消しのための化粧品といえば、最近ではアイクリームが一般的になっています。
アイクリームをできてしまったクマに継続して塗っていくだけで、次第にクマが目立たなくなっていくので、大ヒット商品となっているのです。

 

中でも大人気商品のアイキララは、年齢を重ねることによるコラーゲン不足が要因となって現れるいわゆる青クマに効果が高いと話題です。

 

コラーゲン不足によって目の下が痩せてしまうことでできてしまう青クマは、顔の印象を実年齢よりも高いものにしてしまいます。
加齢によって体の内部でコラーゲンを多く作り出すことが難しくなっていきますから、アイキララに含まれるMGAというビタミンC誘導体の一種がコラーゲンの働きをサポートして肌のハリと弾力を取り戻させてくれます。

 

利用者の実に80%がクマ消しの効果に満足しているそうですよ。

 

 

↓↓手軽なクマの消し方はこちら↓↓

クマの消し方で中学生や高校生にぴったりな方法は?

疲れ顔や老け顔に見られてしまうやっかいなクマに悩んでクマの消し方を知りたい、と考えているのはなにも大人だけではありません。
中学生や高校生などの若者もクマに悩んでいる人は多いのです。

 

中学生や高校生によく現れるのは、睡眠不足やスマホの操作のしすぎによる目の疲れが原因の青クマだといわれているようです。
青クマは体全体でも特に皮膚の薄い目の下で、皮膚を通して血行が悪化して紫色になった血管が透けて見えてしまうというものです。

 

どうして中学生や高校生にクマができる?

ではなぜ、睡眠不足やスマホの使い過ぎで血行が悪化してしまうのでしょうか。
目の周囲にはまぶたを開いたり閉じたりするのに使われる眼輪筋という筋肉があります。
この眼輪筋が衰え働きが悪くなると血行が悪化してしまうのです。

 

中学生や高校生で筋肉が衰えることってある?と思われるかもしれませんが、そもそも筋肉は夜眠っている間に成長し発達するものなのです。
そのため、いつまでも起きていて十分な睡眠時間がとれていない時は、中学生や高校生であっても眼輪筋が発達できずに衰えてしまうというわけなのです。

 

また、スマホやPCなどを長時間操作していると、自然と無表情になりますし、また、まばたきの回数も少なくなります。
そのような状態では眼輪筋が働く機会も減ってしまいますから、あまり使わない筋肉は衰えてしまうということで中学生や高校生でも十分眼輪筋が衰えてしまう可能性はあるのです。

 

そこで、もし目の下にクマができてしまった場合、中学生や高校生にはどのようなクマの消し方がぴったりなのでしょうか?
中学生や高校生はメイクをして学校に行くのは禁止されているでしょうから、メイクで隠すということはできませんよね。

 

メイクで隠す以外のクマの消し方というと以下のような方法があるかと思います。

 

蒸しタオルで目の周りを温める

濡らしたタオルを電子レンジなどで適度な温度に温めて目の上に乗せ、血行を改善させるやり方です。
手軽にできますが、蒸しタオルでやけどをしないように気をつけましょう。

 

温めたスプーンと冷やしたスプーンを使う

カレーライスを食べる時に使うような大きめのスプーンを2つ用意し、1本は40度くらいのお湯をレたコップの中へ、もう1本は冷水を入れたコップにつけておきます。

 

まず、お湯につけていたスプーンを取り出して水分を拭き取り、食べ物をのせない方を30秒ほど目に当てます。
次に同じように、冷水につけていたスプーンを取り出して水を拭き取り、やはり30秒ほど目に当てます。
これをそれぞれ5回繰り返すというやり方です。

 

クマを作らない生活習慣も大事

いかがでしょうか。
中学生や高校生にぴったりなクマの消し方を紹介してみました。

 

けれど、一番大事なのはクマを作らないようにする生活習慣ですよね。
勉強などで睡眠時間が短くなることもあるでしょうけど、成長期の中学生や高校生は十分な睡眠時間を取り、またスマホを使うのもほどほどにしておいた方がいいですよ♪