青クマの治療にはどんな方法がある?

青クマを病院で治療するなら

疲れて見られたり実際の年齢よりも年上に見られてしまいがちな目の下のクマ。

 

そのなかでも睡眠不足や乱れた生活習慣、疲れやストレスによって薄い目の下の皮膚を通して血行不良となった毛細血管が透けて見えてしまう青クマは、蒸しタオルやマッサージ、そしてアイキララなどのアイクリームを使った消し方で改善させることができます。

 

けれど、それらの手間が面倒、時間がもったいない、あるいは、それらの方法ではなかなか改善しないという方もおられるでしょう。
その場合の青クマの対策としては、やはり美容外科や美容皮膚科といった病院で治療することになります。

 

なかなか解消しない青クマは病院でどのように治療するのでしょうか?
そして、その費用はいくらくらいになるのでしょうか?

 

青クマの治療方法と料金

青クマの治療方法としては、「細胞の新陳代謝や血行の促進を図るためレーザーを目の下の皮膚にあてる方法」「皮膚から血管が透けて見えるのを防ぐために、目の下の皮膚に脂肪やヒアルロン酸を注入する方法」「濃厚血小板を注入する方法」などがあります。

 

料金ですが、治療の方法や病院によっても異なります。
レーザーを照射する方法は90,000円〜、脂肪やヒアルロン酸を注入する方法は80,000円〜、濃厚血小板を注入する方法は140,000円〜などというのが相場のようです。
支払いは大半の病院でクレジットカードやローンが使えますが、それにしても簡単に決断できる金額ではないですよね。

 

青クマは生活習慣が大きな要因となっていますから、できるだけ青クマができないような生活を心がけるのがいいのではないでしょうか。
そのうえで、習慣的に目の周りのマッサージを行ったり、あるいはアイキララなどのアイクリームを利用してできてしまった青クマの改善や新しい青クマができないための対策を行いたいですね。

 

自己対策で改善しない場合は病院に相談

ただ、それでもできてしまった青クマがなかなか改善しないという場合は病院で診察を受けてみるのもよいかもしれません。
自分では青クマだと思っていたものが、実は茶クマや黒クマ、あるいは2種類のクマが混じったものだったことがわかった、というケースもあるそうです。

 

青クマを解消するためのマッサージのコツや効果的なスキンケアの方法を教えてくれる病院などもあるそうですよ。

 

 

そのほかのクマの消し方を見てみる