青クマの原因と治す方法

青クマは何が原因で発生するの?できてしまった青クマを治す方法は?

青クマが発生する原因となっているものは血行不良だといえます。

 

目の周辺の皮膚には、数えきれないほどの毛細血管が存在するのですが、血行不良になってしまうと、皮膚を通してこれらの毛細血管が青く透けて見えることになってしまうのです。

 

この状態が青クマと呼ばれているのです。

 

青クマが出やすいのは色の白い人や体質的に皮膚が薄い人などです。
それに加えて、生活サイクルが乱れていたり、タバコの吸い過ぎ、肉体や精神面での疲れ、睡眠の質の低さ、眼精疲労や冷え性などの原因が加わって現れることもあります。

 

 

青クマを治すには以下のような方法があります。

 

温めたタオルを目の上に乗せる。

 

両手の薬指で目からこめかみ、そしてまたまぶた、目頭、こめかみと円を描くようにマッサージを行う。
マッサージを行う際は、オイルやクリームなどを利用して目元の皮膚への負担を軽くすることを忘れずに。
やりすぎると色素沈着によって茶クマの原因となる恐れもあるので気をつけましょう。

 

定期的にピーリングを行う、レチノール配合化粧品を利用するなどして、コラーゲンの増加を図る。

 

青クマを治すことを狙って血行をよくするために、体を冷やす食べ物を口にしないように努め、また、意識して水分補給を行うようにする。

 

血行を良くする成分である葉酸やヘモグロビンが多く含まれる食材(レバー、モロヘイヤ、キャベツ、ホウレン草、ヒジキ、アサリ)を意識して摂り入れるようにする。

 

青クマを治す目的で全身の血行を良くするために、軽いエクササイズや半身浴を行うのもいいでしょう。

 

そのほかのクマの消し方を見てみる