アイキララの知っておきたいデメリット 試す前にチェック

人気のアイキララにもある意外なデメリットとは

手軽なクマの消し方として多くの人が利用しているアイクリーム。
そのアイクリームの中でも、クマの状態を改善する効果を実感した利用者が多く人気商品となっているのがアイキララです。

 

目の下のクマに悩まされていて、効果的な消し方を探している方ならば、アイキララのことやその口コミなどは既にご存知なのではないかと思います。
ネット上では「アイキララは効果があった」という口コミを多数目にするのですが、まだアイキララを試したことがない方は「いいことばかりじゃなくてデメリットもあるんでしょ」と思ってしまいますよね。

 

確かにアイキララにはデメリットがあります。
そのデメリットをどうとらえるかは人それぞれですが、前もってデメリットのことを知っておけば実際に試した時にがっかりすることはないでしょうし、また、アイキララを試さずに無駄な出費を避けることもできます。

 

そこで、ここではアイキララのデメリットについてお伝えしたいと思います。

 

茶クマに対する効果は大きくない

第一に、アイキララは茶クマに対する効果は大きくない、というデメリットがあります。
アイキララの効果を実感したという利用者の口コミは数多く目にしますが、それらを読んでみると青クマや黒クマについての効果であることが多いのです。

 

なぜかというと、青クマや黒クマは加齢によって目の下の皮膚が衰えてしまうことが原因であることが多いのですが、茶クマは紫外線や皮膚への刺激によって増加したメラニンが沈着してしまっていることが原因で、アイキララの主成分は皮膚の衰えに効果が高いビタミンC誘導体の一種であるMGAだからなのです。

 

もちろん、アイキララにも茶クマ対策の成分は配合されているのですが、青クマや黒クマに対する効果と比べると小さくなってしまうので、茶クマへの対策を考えているならアイキララに加えて洗顔方法を見直すなどもした方がよいでしょう。

効果を実感できるまでに時間がかかる

「効果を実感できるまでにある程度の時間が必要」というのもアイキララのデメリットといえるかもしれません。

 

アイキララは第三者機関の協力による評価試験によってその効果が立証されているのですが、それでも薬ではないので短期間で効果は現れません。
効果を実感するためには毎日継続して使う必要があるのです。

 

今すぐ、とか、1週間で効果が出るクマの消し方を探しているなら、アイキララよりも美容クリニックでの手術などを検討した方がいいでしょう。

 

一方、多少時間がかかってもいいので、クマを改善したい、クマができない肌にしたい、という方にとっては、アイキララは非常に役に立つでしょう。

 

「肌が一時的に乾燥する」との声も

多くはありませんが、「アイキララを使うと肌が一時的に乾燥する」と感じている利用者の方もおられるようです。

 

ただ、これはわずかな間のことで、結果的には肌は保湿されて水分が増加しハリや弾力を取り戻すことが可能になります。
アイキララは肌にダメージを与える可能性がある着色料、保存料、防腐剤などは一切含まれていませんので、敏感肌であっても安心して使うことができるのです。

 

デメリットを知ったうえでお試しを

アイキララのデメリットについてお伝えしました。
もしもこれらのデメリットがどうしても気になるようなら別のアイクリームや、アイクリームを利用する以外のクマの消し方を選べばいいのではないかと思います。

 

けれど、アイキララにはこれらのデメリットを上回るメリットがあると感じられたのなら、実際にアイキララを試してみてください。
なぜアイキララが人気商品となっているかがおわかりいただけると思いますよ。

 

 

そのほかのクマの消し方を見てみる