クマの消し方は赤リップを使う方法がお手軽!!

赤リップを使ったクマの消し方ってどんなもの?

目の下のクマで悩んでいる人は多いですよね。
夜更かしをしてしまったり仕事や勉強で毎日が忙しいと気づいたらクマが…、という経験をあなたもしたことがあるのではないでしょうか。

 

クマの嫌なところは実年齢よりも上に見られたり疲れている感じに見られたりと、とにかく見た目の印象が悪くなってしまうことです。
クマをコンシーラーなどで隠そうとしても、塗った部分が逆に目立ってしまったりなんてこともありますよね。

 

そんなやっかいなクマの簡単な消し方として近頃話題になっているのが、赤リップを使うやり方なんです。
そこで、赤リップによるクマの消し方をお知らせしたいと思います。

 

 

クマには種類があることはご存知ですよね。

 

血行不良や皮膚痩せによる青クマ、皮膚の色素沈着が原因の茶クマ、加齢によって目の下の皮膚がたるむことで発生する黒クマです。

 

そんななかでも赤リップで消すことができるのは青クマ・茶クマとなります。
黒クマは肌自体の色が変わるわけではありませんが、青クマや茶クマは肌の色の問題です。
赤いリップを塗ることによって、クマの青色や茶色を自然な明るい肌の色に変えることができます。

 

赤リップを使ったクマの消し方ですが、まず、いつも通りにベースメイクを行います。
続いて赤リップをクマができている部分になじむように、アイシャドウブラシなどの小さめのブラシや指で塗っていきます。
赤リップを直接塗ってしまうとつきすぎてしまって調節ができませんので、ブラシや指を使って塗るようにします。

 

赤リップを塗っただけだと赤い色が目立ちすぎてしまうので、赤リップの上からコンシーラーで肌の色を整えファンデーションで仕上げれば完了となります。

 

気をつけたいのは、クマを消すために使う赤リップはマットなものを選ぶということです。
パールやラメが入っているものだと、クマの部分が逆に目立ってしまうということになってしまいます。

 

赤リップの色はオレンジに近いもの、またはベージュや茶色に近い自分の肌に塗って違和感のない色がベストです。

 

クマを消すために使う赤リップを選ぶなら、保湿効果があるものがおすすめです。
目の下の肌の乾燥を防ぐこともできるので一石二鳥ですよ。

 

赤リップを使えばクマを隠せる上に、顔色が明るく血色の良い印象になります。
低価格なもので十分役に立ちますから、赤リップを使ったクマの消し方を気軽に試してみてください。

 

 

以上のように赤リップを使ったクマの消し方を解説してきましたが、「隠すのではなく、クマを作らないようにしたい」という方もいらっしゃるでしょう。
そちらの方が確実にメイクの手間は減りますから、できるならそうしたいという方も多いのではないでしょうか。

 

その場合は、やはりアイキララのようなアイクリームを利用することをおすすめします。
アイキララは効果に満足できない場合の全額返金保証サービスもありますから、気軽に試すことができますよ。

 

 

↓↓アイキララ公式サイト↓↓

 

そのほかのクマの消し方を見てみる