クマの消し方でコンシーラーを使うやり方ってどんなもの?

コンシーラーを使ったクマの消し方は?

老け顔や疲れ顔に見られたりして悩みの種の目の下のクマですが、青クマ・黒クマ・茶クマの3つの種類に分けられることはご存知でしょうか?
コンシーラーなどによるクマの消し方を知る前に、自分にできてしまったのはどの種類のクマなのかを理解することが大切です。

 

まず1つ目の青クマは、クマができた部分の皮膚を引っ張って伸ばしてみると色が薄くなることが特徴です。
次に黒クマですが、上を向いた状態で自分の顔を鏡に映すと色が薄くなるという特徴があります。
最後に茶クマの場合は、青クマと黒クマの特徴がどちらも当てはまりません。

 

青クマとは、血行が悪化し酸素が足りない状態の血液の色が暗くなり、目の下の皮膚を通して見えてしまうというものです。

 

黒クマとは、皮膚が加齢などによるコラーゲンの不足によってシワになったりたるんだりして目の下に影が作られてしまうというものです。

 

茶クマは、目の周りを頻繁にこする、またはメイクを落とす時などに強くこすりすぎるなどの原因により目の下に色素沈着が発生することにより起こります。

 

コンシーラーを使った消し方があるのは青クマと茶クマ

最初に言っておくと、コンシーラーなどによる消し方が存在するのは、青クマと茶クマだけということになります。
黒クマにはコンシーラーを使った消し方はありません。

 

原則として、青クマにはオレンジ系のコンシーラーを、茶クマにはイエロー系のコンシーラーを使います。

 

コンシーラーを使ったクマの消し方を実際に行う時に注意したいのが、コンシーラーの色は自分の肌の色に合ったものを選ぶということです。
クマを消すことばかり考えてやたらと明るめの色を使ってしまうと、逆にその部分が目立つということが起きてしまいます。

 

そして、忘れてはいけないのは、クマを消すために使っていると無意識のうちにコンシーラーを厚塗りしてしまうことが多いので、意識して薄めに塗ることを心がけるようにしましょう。
不自然な厚塗りは、クマに注意を向けるという結果を招きます。

 

つけるときに強い摩擦を発生させるスティックタイプのコンシーラーは茶クマを消すために使ってはいけません。
茶クマは色素沈着が原因ですから、摩擦の強くないパウダータイプかリキッドタイプを優しく、そして薄めに塗るようにしましょう。

 

黒クマの対策方法は?

黒クマはしわやたるみが作り出す影ですから、コンシーラーを使ったクマの消し方は存在しないと書きました。
コンシーラーなどを使って消せないとすればどうすればよいのでしょう?

 

対策のひとつとしては、メイクによって顔の印象を明るくし、クマに注目させないというやり方があります。
ベースメイクを透明感のあるものにし、チーク、リップ、アイシャドウなどは明るい色のものを使い、健康的な顔色になるように仕上げます。

 

消すだけでなく根本的なクマ対策も検討を

以上のように、コンシーラーを使ったクマの消し方を解説してきました。

 

コンシーラーを使ってクマを消したり、クマに注目をさせないメイクをすることは可能ですが、クマができないようになればそれがベストですよね。

 

クマができないようにするためには、少し時間はかかりますがアイキララのようなアイクリームで毎日の対策をすることが必要になります。

 

けれど、メイクの手間や時間も減りますし、エイジングケアもできますから、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

↓↓アイキララ公式サイト↓↓

 

そのほかのクマの消し方を見てみる