クマの消し方で男性にも簡単にできる方法とは?

男性でも簡単にできるクマの消し方ってどんなもの?

目の下のクマに悩んでいるのはなにも女性だけではありません。
当然のことですが男性にもクマはできますし、できたクマをそのままにしておくと周りの人から「疲れてるのね」「どこか具合が悪いの?」「何か悩んでる?」「最近老けたね」などなどいろんなことを言われたり、噂されたりするかもしれません。

 

一般的に男性はクマができていたとしても、「クマの消し方」を調べて努力したりとか、クマを作らないようにしたりとかしないというイメージがありますね。
「面倒くさい」「見た目なんか関係ない。中身で勝負する」という人が多いように感じます。

 

でも、今は男性も見た目が大事。
できたクマをそのままにしていると、イメージはマイナスになることはあっても決してプラスになることはありません。
できたクマは早めに消すようにすることをおすすめします。

 

ここでは、男性が実行しやすいクマの消し方を解説したいと思います。

 

パターンによってクマの消し方は違う

一口にクマといっても、その実態は3つのパターンに分けられます。
そのパターンによって原因などが違うので、消し方も異なりますし、消せないものもあります。

 

青クマと呼ばれるものは睡眠不足や疲労、ストレスなどによって目の周りの血管が血行不良を起こし、その血管が皮膚から透けて見えている状態です。

 

茶クマと呼ばれるものは、目の周りをこする癖のある方や日焼けをしている方などに多く、色素沈着が原因となって起こります。

 

黒クマは年齢を重ねることにより目の周りの筋肉や皮膚が衰え、目の下の部分がくぼんだりふくらんで前に出てきたりすることで、目の下に影ができてしまうものです。

 

血行不良が原因の青クマの即効性がある消し方は、蒸しタオルを目の上に乗せてリラックスするというものです。

 

このクマの消し方は茶クマや黒クマには使えませんし、朝の忙しい時間にそんなことをしている暇がない、という方には、化粧品で隠す、という方法もあります。
コンシーラーやBBクリームを使うのが一般的です。

 

化粧品を買うなんて恥ずかしい、と思われる男性もおられるかもしれませんが、近頃では、男性用のコンシーラーやBBクリームも販売されています。
ただ、この化粧品を使う消し方も黒クマには使えません。

 

すべてのクマに使える消し方というと、メガネをかけること、というものもあります。
メガネをかければ、他人の視線はメガネに向きますのでクマに注目されることはありませんし、フレームの太いメガネならばクマ自体を隠すこともできるでしょう。

 

青クマや黒クマを原因から消すには

ここまでのクマの消し方は、一時的なもの、クマを隠す、という種類のものになります。

 

もっと根本的に青クマや黒クマを消したい、青クマや黒クマを作らないようにしたい、という方にはマッサージという方法もあります。
マッサージにはさまざまなやり方があり、当サイトでも紹介していますので参考にしてみてください。

 

「マッサージなんか毎日やってられない」という方は、アイクリームを使うのもいいでしょう。
塗るだけなので、マッサージよりは手間は少なくて済みますよ。

 

おすすめは人気商品のアイキララです。
ネット通販でお得に手に入れることができます。

 

 

↓↓アイキララ公式サイト↓↓

 

そのほかのクマの消し方を見てみる